オトコの有意義な休日を提案するメディア

~恋愛の方法~ 美女と野獣の野獣になる方法 書評


「どうやったら彼女が出来るの?」

「どうしてあんなやつに彼女いるの?」

こう思っている世の男性は多いのではないでしょうか。

自分なんかそう思ってたんですけど。

去年くらいから本気で彼女を作ろうとモテ活を励もうとしたのですが、そもそも恋愛の方法がよくわからなくて、まず手に取ったのがこの本でした。

まずこの本は、13個の理論を展開するんですが、その中でも自分が実際に役に立った理論を紹介します。




1.執着の分散理論

口説く人数を増やし余裕をもつこと、その余裕がモテる雰囲気を作り出す。
この理論は、他のモテ本でもある理論である他、モテている友人も使っているテクニックです。本人は知ってるか分かりませんが。。



2.上っ面kindness理論

表面上の優しさを行動に表す。例えば「車道側を歩く」「無理しなくていいよ」と言う」「レストランで先に座らせてあげる」etc…



3.BTO理論

不細工な女だろうが、その女とセックスし、慣れろ。経験を積むことにより、男としての余裕を出し、その余裕が女子を惹き付けるというもの。

4.大変じゃない?理論

女がセックスしたくなるのは、酔ったときである。そのお酒を進めさせる方法として「大変じゃない?」と言う一言。それにより愚痴を進めさせ、さらに酒もすすむというもの。



5.武士の一文理論

ファーストメールに「外見が好み」「デートしたい」と宣戦布告せよ。
女の子は、初対面である程度「友達」か「彼氏候補」に選別する習性がある。そこで「友達」に分類されないことが重要である。


6.ホーム理論

最初のデートは自分が輝ける(ホーム)ところへ。余裕が生まれるから。



7.DK心変わり理論

ディープキスしたあと、セックスせずに女を家に帰すと冷めてしまう。
ディープキスまでいけたら、必ずセックスまで持ち込むこと。



8.ありあり理論

女はセックスした相手を好きになろうとする習性がある。



9.ラブ&セックス理論

あなたのことがすごい好きだからセックスしたい とゴリ押しすると成功率が上がる。

モテ本でよくある『1回目は手を出さず誠実さをアピールし、3回目で告白』という手法で筆者は成功を経験していない。

トモダチからオスへチェンジしないといけなく、成功率が低くなる。

初対面から「好きだ」「かわいい」を連発し、軽い男と思われた方が、口説く上で有利に働いていく。



10.バタンチュー理論

自宅まで持ち込めたら玄関先でキスせよ。

キスせずに優雅にDVD見ると、「今見てるのに…」とその気にさせるのが難しくなる。

以上が実際に役に立った理論であります。こんな理論に続いてこの本の後半では、「セックスの鉄則」なるものが書いてあります。



セックスの鉄則

1、セックスは楽しまずに、女に尽くせ。

2、相手の立場に立て。自分が気持ち良いことは相手も気持ちいいはず。痛みも同じ。

3、おそるおそる。《痛くない?》

4、事後は、無理やりでもいちゃいちゃ。

5、彼氏気取りせず、待ちの状態へ。

まとめ

モテる男のポイントとして、余裕があることオスをアピールすること
この本はamazonの中古で500円くらいで購入出来るので詳しく見たい方は是非ご覧になって下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

スポンサードリンク

カテゴリー